学歴詐称コンサルのニュースで思い出す Tinderで出会った学歴コンプレックス男性

Tinder_学歴Tinderは去年の後半から学歴と仕事が表示されるようになった。今まで写真を材料にして選んでいたTinderに、「出身大学」という文字材料が入ってきたのだ。

 

ショーンKの学歴詐称がバレた件で、叩いてる怒ってる人たちの反応の仕方を見て、すごくランダムに思い出した。ある人のことを。

 

私がTinderで出会った広告代理店勤務の男性だ。

なんでも、すごい顔が可愛いか、または女性の出身大学を見て決めるらしい。自分より頭いい大学出てるとイイねしてしまうらしい。

学歴=一般流通度の高い=ブランドネームの大学

大学名重視。まぁ好きなブランドのカバン買うのと一緒だからいいんじゃない?て感じだし、広告代理店の人=ネームブランド志向て、典型的にそれっぽすぎて大変しっくりくる。

ちなみに、想像するにワタシはパイでいいねされたのだ。

阪大は頭いいと思うらしいけど、コーネル大は知らないらしいということが会話中に分かったから。こういう超学歴コンプレックス人に限って、大学名を全然知らなかったりする。知ってるブランドがヴィトンと吉田カバンしか無いのと同じくらいのミーハー感が、典型的な日本人らしく、また私がイメージする広告マンぽい薄さで、ある意味正解なのかも。

海外の有名大学はハーバード大と理系ならMITしか無いと思ってるみたいな人とか、スタンフォードがアイビーリーグだと思ってるような人とかが結構居るが、学歴コンプレックスおよび学歴崇拝行為をするのもその程度な人が多い。

要するに、今回の広告マンの場合もそうだが、本人は頭いい人が好きって言っているが、単純に自分が知ってるブランドに弱いだけなのだ

学歴だけじゃないけど、自分が有名だと思っている、良いと刷り込まれているものを肩書にされると、判断力が異様に鈍っちゃうんだよね。本質を見極めるように判断せよ!って頭がどっかすっ飛んじゃうのだ。

 

話を元に戻すと、マカロンはチャットもまともにしないまま、この人に会うことにした。さらっとメッセージした時の自信満々感、そして広告=トークは得意だろきっと!という、私の「広告だから」という勝手な先入観から判断した要素も加わって、本質を見極めず会うことにしたのだ。

これは良くなかった。

会った初っ端から、全くカッコよくない。老けていて「おいおい一枚目の写真いつのだよ?」とツッコミ入れたくなったが、それも細部まで見て質問で詰めてから判断しなかった私の責任である。やはり口元が手で覆われている写真を使うのは男も女も、何か隠したいブサイク要素がそこにある場合がほとんど。広告マンは背も私と並ぶか低いかということで、ここからは広告マン的な会話やネタをどれだけ引き出せるかだ!という部分に注力。

が、実は仕事などで応用できそうなネタ、肥やしになるような話や観点はあんまり無く・・・頭を切り替えて、Tinder話で攻めることに。

ミーハー広告マン、Tinderで学歴詐称にあったと怒りの報告

そこで出てきたのが、例の大学で女性を選ぶ発言と、それに付随するTinder体験記だった。

この男性、ある日、ハーバード出身って女性とマッチしたらしい。チャットしてて、「俺頭いい人が好きなんですよね。ハーバードって凄いですね」て話したらしい。

そうして暫くメッセージのやり取りをしてから、女性はハーバード大と言うのは嘘だと言ったのだと。

この広告マン、嘘ついた、騙した、俺が頭いいの好きって言ったの知ってて!時間が無駄だった!と怒りを覚えたとのこと。私のその話を語るくらいだから、腹たったんだろうね。

でも、暫くメッセージしてたのに、頭いいかどうか、判断できなかったんでしょ?

ハーバードだから頭いいって無条件で思ってたんでしょ?

つまり彼女がウソって言わなければ、あなたの中で女性が頭いいという定義は通用していた。

自分の判断力のなさに腹たったんだろうかね。そういうのは相手に向けないで、自分に向けないとダメだよ。私も今回の件、自分にそう言い聞かせるから。

ネットでヴィトンだって言われて格安で買ったカバンが、自分は気づかなくて気に入ってたけど、ある日ニセモノだよって暴かれてら、もう使いたくないみたいな。

だいたい盛った写真使って、Tinderという無料ツールで出会ってる君に腹を立てる権利はないだろ。

 

ちなみに、大学は頭かお金で貢献するところだから♪ スーパーセレクティブな大学でも寄付金で~みたいな人も居るし。

意外とあるある。海外「留学」のそれってホント?

例の詐称事件も結構ネタされて笑いを誘ったけど、個人的にはこっちのほうが怒る対象じゃなくて、笑いのネタにする対象だよね。

例の人じゃないけど、海外の大学を経歴に書いてる人で詐称まがいな人は結構居る。

夏にどこかの大学のキャンパスを使って行われたEF語学学校とか、交換留学で1年間だけ行った大学を、何故か学歴欄に出身大みたいに書いちゃう人・・・。

 

行動経済学の本で読んだが、料理の説明で、材料の産地をありがたいブランドのように入れると、料理がおいしく感じるみたいに、人間は「頭で思い込んだものを体感するようになってる」らしい。大学をブランドのように受け取って、頭に刷り込んだら、ブランド価値しか体感的に入ってこなくなるというのも似たようなものか。

ところで、広告マンて、逆にこういう人間の行動原理を活用してブランディングだとか広告作っていくんじゃないの?本人が引っかかっちゃって居るようで刺さるPRが作れるのであろうか疑問だ。

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。