円錐切除術後の不正出血と生理 の異変

円錐切除術後にはダラダラ出血が続くが、それ以外に、生理の出血の仕方が術前と変化するという状況が起きた。理論上は生理と円錐切除には何の関係も無いのだが・・・(子宮頸部が閉じちゃったとかじゃなければ)。理論上は起こらないはずというものの、 円錐切除術後の不正出血と生理 の出血に異変が起こる事は珍しくないらしい。その不正出血発生率は、円錐切除を受けた人のおよそ3割。

この不正出血率が3割という数字を聞いたのは先日、経過観察のアポに病院へ出向いた時のことだ。

円錐切除術後の不正出血と生理

円錐切除術後に起こった生理の変化

生理の出血がおかしいなと思い始めたのは、円錐切除術後はじめての生理の時。

円錐切除を受けた4日後ぐらいに明るい赤い血の出血がポタポタ落ち始めて、単純に円錐後の出血かなーと思っていた。ら、経血だそうな。

そんなに量が増えて生理という感じになるわけでもなく、出血量が少ないまま中途半端に何日か続く。でもシャワー浴びているとポタポタ。出血するとき、全くしない時があるようで。しかも今までは発色の明るい赤な色=鮮血っぽい色ではなく、どちらかという暗めの色合いだったのだけれど・・・。

手術とか受けてストレスもあってホルモンバランス崩れているのが原因かな~と思っていたのだけれど、何カ月たっても変な生理は毎回来る。生理の前にくる不正出血のようなものは定着してしまったようだ。

まず、4日間から1週間ほどの腹痛を伴うでもない中途半端な量の出血が続く。血はサラサラ。サラサラな血がスルーっと出たり、少量しかつかなかったり。まばらに続く。少ない日用のナプキンを一枚当てていれば、一日の量は余裕で吸収できる。

そしてその後、本格的に生理。出血量が増えて、腰痛も出てくる。普通に4,5日続いて終了。生理が終わったと思ったら、ごく少量出血が続いたり。

結果なんだか生理が長くなって、出血している期間が月のうちで増えた。

この生理のまえに中途半端に続く不正出血みたいなものが現れる事、円錐切除術を受けた人には珍しくないらしい。

円錐切除術後の不正出血と生理 の異常を感じる人=3割

子宮頸がんの上皮内腺癌から円錐切除を受けた後、無事に経過観察となって1回目の定期健診。毎度の事、1時間半かけて静岡がんセンターまで行ってきた。

1月4日。年始の初営業日だからか、病院に来ている人はいつもより少ない。待ち時間もほとんどなく、予約時間の15分後ぐらいには呼び出し機が鳴った。

「調子は特に変わりないですか?」

「うーん別に何も無いと思います。あーと、生理不順はずっとあるんですけど。」

一言かわして、取り合えずは細胞診。

普通の健康診断にオプションで付ける検診の時と細胞採取に使う道具ちがうのかな?こすってる時、痛いなって分かるくらいの多少の痛みはある。

今まで健康診断・検診専門のクリニック等で子宮頸がん検診の細胞診を受けた時は、瞬時に一振りサッと拭い終わって痛いと感じる暇もなかった。出血もほぼ無い感じだった。検診センターとかは綿棒みたいな道具を使うのか、それとも細胞取れればよいから適当にサンプリングする流れ作業なのかも。http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/200805/100157.html

「数日少し出血するかもしれないですけれど、細胞取るためにこすってるから出血するだけなので心配いらないですからね。」

台を降りて確認。確かに、出血している。思ったよりも。

組織診の時は、タンポンが15分くらいでダメになる結構な出血だったので、それと比較したら全然出血していない部類。でも、これまでの健康診断センターでの子宮頸がん検診と比較したらハッキリ出血してる。その日はナプキンと次の日は要ライナーで血の混じったものがついていた。痛みも出血も検診センターの時と差があるので、やはり細胞採取の器具が違うんだろうな・・・。

「円錐切除で切ってる部分と、生理の出血が出来る部分とは関係ないのだけど、円錐切除を受けた人で不正出血がある人は結構いるみたいです。」

内診から戻った後、A先生から話があり、円錐切除を受けた人で生理に異変=私が経験しているような不正出血があると訴える人は多いという。

「この間、横浜の方で学会みたいなのがあった時に聞いたんですけど、円錐切除を受けた人100人ぐらいを追跡調査したら、3割くらいはそういう不正出血があったそうです。理由とかは全然わからないんですけど。ここの病院で円錐切除を受けた患者さんで、同じような出血があったって言っておられた人も居たし。」

ロジック的にはそういう不正出血は起こらないけれど、実際には結構、生理の出血が今までと違って変だ―と感じる不正出血は高確率で起こる・・と。100人くらいしか見てないと、十分な分母じゃないから3割かどうかは分からないけれど、まぁケースとして多い事は間違いないだろう。

「そういう不正出血が出てから、一定の期間過ぎたら治る人がおおいとか、そういうデータってないんですか?」

「そこまでは・・・。過観察ってどんどん間隔も長くなっちゃうし、不正出血も1、2回なのか、ずっとあるかどうかとかの調査をしてるわけじゃないから・・・。」

出血が何か病気のクリティカルなサインでもない限り、そんなデータも研究もしないだろうしな・・・。円錐切除術後には通常の生理以外の出血が増えるようだという事までしか分からないんだろう。

円錐切除後の変な生理は原因不明だけど多分問題なし

原因も解決方法も分からないけれど、取り合えず円錐切除を受けた人の生理の出血が変になることは「あるあるな出来事」で心配はいらないようだ。3割にそういう不正出血状態があっても、別に再発してるわけでも何でもないのだから。

ただ、出血期間が長くなるのは非常に憂鬱なことに変わりない。

円錐切除を受けて生理の出血が変になったけど、その後治ったよという人が居たら、術後どれくらいで戻ったのか訊きたい!

 

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。