Tinder で実際に会う率を上げるために―男性が失敗しがちなこと チャット編―

tiner_マッチ

男性はマッチしづらいという点をクリアする話の前回につづき、今回はチャットでの失敗を回避する編。

男性はマッチしづらい・・・・けど、女性は人数がカウントできないくらいにマッチする。それがTinder。数えきれないほどのメッセージを受け取る女性とのうまい具合にチャットを進行させるのだ。それを念頭に置くのだ。

すると、以下のことをやっちゃダメなのは目に見えてくると思う。

1. コピペをイントロに使う

最初の挨拶ぐらいのテンプレは、もうどうでもいい。
明らかにダメなのは、長文コピペである。相手が誰でも成立してしまうような長文は、そもそも無意味だし、相手の気を引く効果もないし、むしろ読むのがメンドイ。相手にとっては三重苦。利点は送る側の楽さだけ。↓長文テンプレ例

PhotoGrid_1439388783714
Tinderは最初の一言、pickup lineにみられるユーモアがネタとなり、海外のブログではよく記事が上がっている。それくらい、出だしが大事なのだ。Pickup lineは自分なりのオリジナリティを組み込む or 相手にあわせて個別に考えよう。
自分の時間使って、労力使って、お金を使って会うこと想定しているだったら、それくらいはできるよね?

2. 速攻LINE交換を要求する

これも相手が希望したタイミングでOK。マッチしてすぐ、「Tinderみないので・・・・」だったらTinderしなきゃいいのでは?というか、マッチしてすぐチャット送ってくるってことはTinderバリバリ見てるよね?
コピペもアウトだけど、コピペの上にさらに「Tinder使ってないから、これLINEのID追加して」ってつけるのは試合終了の域である。例外はある。自分がイケメンすぎるか、相手がAmway女子の場合だ。
いいよ、「最初のやりとりでLINE追加しないと嫌だもんボク」て思ってても。なら潔く、プロフのトップに書こうや。LINE IDと、Tinderみないからこれ追加してねって一言を。
女性は、その男性と会いたいと思ったり、もっと話したいと思ったら自分からLINE教えたり聞いたりすると思うよ。

3. やらせろ感を前面に出す

これは、チャットでも会った際でも、やめたほうがいい。これをやることによって、ヤレるものもヤレなくなるから。
敢えて「やりたさ」で挑むなら、「当然の権利としてヤラせろ」ではなくて、「お願いします。どうかヤラせて下さい。そのための努力は惜しみません。」という一貫した態度を終始保とう。

PhotoGrid_1454504024614

で・・・どうするのか。どうすればTinderで会うところまで持っていけるのか。

そのチャット方法のステップバイステップ解説は次回。

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。