ブログは発信できるopportunityと捉える

私のTinderプロフィールにはブログアドレスが載っている。Youtubeアドレスも載せている。

人々は訊く。ブログって食べていけるもんなんですか?Youtubeで食べて行きたいんで教えて下さい。

 

アドセンス収益で生きているわけではないというと、「え?じゃあなんでブログやるの?」「何のためにYoutubeやってるの?」

 

私はブログやYoutubeの広告費で稼ぐために文章を書いたり、動画を作ったりしているわけではない。

これは、アウトプットの場であり、不特定多数に発信できるOpportunity=またとない機会なのである。

 

動画にかける時間や労力とアドセンスで入ってくる広告料のバランスを考えたら、明らかに普通に時給いくらって仕事をしたほうが効率が良いので、単に、楽して何もせずお金が入ってきたらいいなと思っている人には、ブログやYoutubeをやること自体オススメしない。

 

自分が考えていることを、自分の今居るコミュニティの外にいる人に伝えたいと思ったことはないだろうか?

そういったコミュニティの外にいる、別々のコミュニティに居る、だけど同じ関心事を持つ人々を繋げられたら面白いと思ったことは無いだろうか?

ほかの人のブログを読んで、自分には無い視点、価値観を実感し、視野が広がった、世界が広がった、新しい気づきが得られた、

または自分がぼんやりと思っていたことを、見事に言葉で表現していたという経験はないだろうか?

 

ブログを書くと、他にもすごく良いことがある。それは、読み手に伝わる文章力のトレーニング。

何となく自分視点で雑談するという事よりも、読み手を考えた文章を作る事というのは難易度が高い。

大事な文章だけをぶっつけ本番で書いていたら、読み手を考える癖なんて付かない。普段書いていたら気づけることも、気付かずに終わってしまう。

ブログは自分の文章能力を上げるための良いレッスンになるんだよ? しかもタダで批判してくれる人も居る。それが建設的かどうかは別だけどね。

 

 

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。