イタリアと日本、ブラジャーの違い-カップサイズに拘る日本人、感覚のイタリア人

PhotoGrid_1441630279519

すごく良くきかれること。

「何カップですか?」

わたし、Bです。BカップまたはCです。ただし、イタリアサイズの。

といっても昨年、日本に帰国して以来、日本食をメインに食べているからなのか、圧倒的に貧弱な体型に痩せてしまいました。胸周りも肉が落ちました。今持っているブラだと、アンダーバストがゆるゆるすぎてホックが外れてしまう・・・ということで今年の夏は日本でブラを

ここ5年くらいはイタリアでしかブラジャーを購入していなかった私。

以前から、日本と海外のサイズのカウントの仕方の違いは認識していたものの、今回買ってみて日本は異様にカップサイズだけ上がるのに胸のボリュームは実は無いなという現状を再認識する結果になりました。

日本は通常、Aカップから、B、C、D、E、F、Gカップくらいまでメジャーなランジェリーメイカーの作るブラのサイズがあって、Dカップ以上だと豊かなバストだと思われています。

しかし、イタリアの場合は、基本的に全てBカップです。(といっても日本のBカップよりは大きい。)

CとDもデザインによってはありますが、大手メイカーの店舗Intimissimi、Yamamayなどの店頭に並んでいるのは大抵Bカップだけです。

そのかわり、サイズは基本的に1,2,3,4,5と5段階で記されています。この1-5、カップサイズの変化を表すというより、アンダーもトップも同時にサイズアップしていく形式。つまりイメージ的にはC70、C75、 C80、 C85、 C90という風にアンダーサイズが上がっていくけど、トップとアンダーの差は同じものしか作ってないよという感じなのです。

おデブでそれなりに胸のある人も、細巨乳の人も同じサイズのブラをつけるんですね。実際に、胸あって細い人は日本よりも多いので、アンダーが背中の肩甲骨のところまで上がっちゃってるような人を見かけます。

最初は私もアンダーがでっかいのに慣れなかったのですが、一度なれちゃうと、日本のきっちりアンダー合わせて肉を逃がすものかと締め付けるブラって苦しいです。

ちなみに私はサイズ4Bか、もしあれば3Cというのを着けていました。これが日本で言うところの、E75、F70に相当するバストトップ、おっぱいのサイズです。

そう、先日東京大丸でブラジャーをいくつかのサイズで試着して、測ってもらってところF70でした。こんなに貧乳になったのに!Fカップって所詮は貧乳だな・・・。

いや、日本のサイズはホント小刻みでガッチガチに守って、日本人らしい細かさだと思います。

でも、それ以上にあるあるだなと感じるのが、カップサイズ自慢女子。

カップサイズはすごく上げる事ができるのでネット上で「何カップ」自慢的な発言をよく見ますが・・・男性の諸君にひとこと!胸の大きさを想像するときに、カップ数は当てにならないのです。B80の人と、E65のひとは同じおっぱいサイズです

ある程度サイズがフレキシブルに用意されているって便利だけど、なんだかサイズを豊富に小刻みに用意する所と、脇からの肉を逃さず抑えるところに全意識集中するゆえなのか、デザインがいつまでたってもワンパターンで安定感たっぷりババァ臭い気が利かないように思うのは私だけでしょうか。

イタリアって、サイズはアバウト。でもデザインやカラーは豊富。当たり障りない大人しいデザインから、主張の強いデザインまで。セクシーに見えるカットのブラもショーツも確実に日本よりは多いと私は感じるのです・・・。

そして・・・意外と知られてないけれど、イタリア人だっておっぱいの小さい子はいっぱいいます。つまり、盛りまくれるPush-Upブラも多数存在するのです。

そんなわけで、イタリアに行く機会があったら、みなさん是非、IntimissimiとかYamamayに立ち寄って見てくださいまし。セクシーかつ盛れるブラが見つかること間違いなし!

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。