ネイティブ英会話講師を選ぶときのポイント

MSNQMQOC7W

「やっぱりネイティブ講師の方がいいんですよね?」

これよく聞かれるので、漠然とそう思ってる人も多いんだと思います。

英会話をさて習おうとするとき、日本人に教えてもらうか、ネイティブに教えてもらうか。

中級以上だとネイティブの方が良いとか、最初からネイティブの方が良いとか、色々ききます。

正直どっちでもいいです。最初からネイティブ講師でも、上達してからネイティブ講師でも。最初から最後まで日本人講師でも。上達しちゃったら、別にネイティブを講師にしなくても、ネイティブの知り合いがたくさん出来るでしょう。

ではここで、盲目的にネイティブ講師ならいいと思ってしまいそうな方のために、日本でネイティブ英会話講師を選ぶ時のチェックポイントを紹介します。

 1. なぜ英会話講師をしているのか

ネイティブ講師として仕事をしている理由は、大きく分けて二つ。

  1. 取り敢えず他に仕事がない
  2. その仕事をプロフェッションとして選んだ

来日して間もない、または一時的に日本に来ている外国人で英語を教えている人の殆どが①。

もちろん、そういう人に教わる事がよくないとも限りませんが、自国の言語を体系的に教えたり、文法を解説したりする能力がない可能性が高いことを念頭においておきましょう。

日本人でも、日本語の文法を教えたりやビギナーを導くコツなんて、普段からそういったことに取り組んでいないと分かりませんよね?

できれば、②言語を教えるバックグラウンドを備えた講師が良いです。言語を教えるためのコースを修了したひと以外でも、いわゆる国語に強くて、教えることに(*´д`*)パッション!!をもっている人が講師をしている場合もあります。是非、どうして講師になったのかバックグラウンドを聞き出してみましょう。

 

2.ビジネス経験値

人間って自分の経験から学んだことでしか、教えられないんですよね。表面的に教えたとしても、ふと突っ込まれたら答えられない、話を発展させられない。その人が今まで見ていない、聞いていない、経験していない言は伝えられない。つまり、様々な分野、文化の関心があり、総合学習をしてきたのか、ビジネス経験はあるのかは教える内容に影響してきます。

上記の②プロフェッショナルな人でも、その他での企業等でフルタイム社会人としての経験があるかどうかは注目ポイント。

ビジネス経験がほとんどない人は、言語知識があったとしても、「ビジネスとっさの一言」的リアルな状況で生かせるアドバイスを積極的に、直感的にすることができません。

 3.日本語への関心と理解があるか

日本語の文法や言葉の使い方、ニュアンスの違いからくる「日本人にとっての英語学習の難しさ」把握している人から教えてもらうのは痒いところに手が届く状態。誰かに習うって、自分で気づけないギャップを埋めてくれるというのが最大のアドバンテージだと思うのです。

日本人にとっての英語の難しい部分をわかっている講師。日本語が流暢に話せなくても、そういう人はいます。それは、日本語に関心があり、理解しようとしたから気づいたのです。日本に来ている外国人は日本語に関心のある人はもちろん多いのですが、中には何年日本にいても本当に全くといって(日本は好きだけど)日本語に関心のない人もいます・・・。

 

日本の企業で働いているネイティブスピーカーで、ー日本人との仕事を通して結果としてうまく説明できるようになったーなんて人に頼んで教えてもらうのも手です。

誰かに習う場合も、本で独学する場合も、選ぶというDecision makingも大事ですが、相手任せにせずに、自分が責任をもってProactiveに学習すること、言い訳はしないというCommitmentですよね。一番大事なのは。

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。