個人事業主の 屋号入り銀行口座 開設の仕方

DSC_0493通訳などフリーで頂いたお仕事の収入管理のために 屋号入り銀行口座 を開設してみました。

屋号入りの口座とか恥ずかしいし、ほとんどお金が動かないから要らないかなと思っていました。が、これを機に、本気で「通訳や映像翻訳でこの口座にお金を動かすのだ!」という気合を入れるためでもあるのです。

 

さて、私が口座を開設したのは三井住友銀行

ネットで下調べをしていたところ、三菱東京UFJは必要書類が多いようなことを書いていたので、次にメジャーなのは三井住友だよね?と勝手に思って三井住友に行きました。

 

屋号入り口座 開設に必要なもの

 

私が持っていったのは以下です。

・身分証明書 (運転免許証)

・印鑑

・開業届け控え

 

ネットでは、ウェブサイトのプリントアウトもリストに入っていたのですが、実際は要りませんでした。開業届けも無くても大丈夫だそうです。それって、別に個人事業主じゃなくても屋号で口座開けるってことかな???

 

口座開設 所要時間

必要書類をカウンターでφ(`д´)カキカキ。Trilingual Macaronって屋号を書くの恥ずかしかったのですが、「3ヵ国語できるんですか、すごいですね」なんてお姉さんに言われてヽ(*´∀`)ノテヘって調子に乗って書き終えました。この作業が5分くらい。

 

待つこと10分位で通帳とキャッシュカードが出来ました。こんな早くできるんだったら、開業届け出した足で来ればよかったよ~~。

 

 

次は名刺作りたいな~。見掛け倒しにスタイリッシュなやつを。

 

 

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。