牡蠣にあたったらノロウィルス を疑え ~長い潜伏期間と症状と

中ったか(あたった)どうかは食べてすぐには分からない。食中毒とは食べてすぐ起こるわけでは全くないのだ・・・。そして症状は延々と続く。そのことを辛く思い知った出来事。そう、牡蠣にあたった。そして 牡蠣にあたったらノロウィルス が原因というのが一番濃厚な線らしい・・・。

ノロウィルスが生ガキで簡単に感染してしまうとも知らなかった無知なわたし。

そして、ノロウィルスがこんなに辛いなんて知る由もなかったのが一番痛い。

牡蠣にあたったらノロウィルス

ノロウイルスについてby農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/f_encyclopedia/norovirus.html

潜伏期間:カキを食べてから異変が現れるまで

生ガキを食べたのが土曜の夜と日曜の夜。

土曜の分を食べて、丸1日たった日曜の夜は別に何ともなかった。ただ、今思うと、ちょっと胃がおかしい・・・お腹が空いたときのような不快感があった。

完全に可笑しいと気づいたのは月曜の朝。なんか吐き気がする。牡蠣にあたったかな?真っ先に思った。

「時間が経ちすぎてるから違うよ。」と母親に否定される。が、この時間たちすぎている認識が完全に間違っているのだ。

ノロウィルスは食べてから食中毒を発症するまで24時間~48時間の潜伏期間があるのだ。ノロ以外でも牡蠣の場合は中ると大体それくらいのタイムラグがあるらしい。

土曜に食べて月曜日の朝に気持ち悪い。食べて34時間くらい。きっちり24時間から48時間の間だ。

月曜の朝気持ち悪いと思い始めたのは朝食の時。固形物を食べる気になれなかった。ムカムカする。

7:30頃に家をでて電車に乗るまでは、まだ耐えられるレベルだった。それがJRで移動する40分の間にあれよあれよと気持ち悪さは増し、立ってられなくなる。

このとき、優先席の前に立っていたのだけれど、ヨロヨロなっても座り込んでも席を譲る人は居なかった様子を見て、日本人の「やさしさ」は社会的な評価がなされる場面のみに有効という仮説が事実である証明がなされる。

いや、わたしも引き返して下り線に乗り換えろよ。というところだが、もう半分以上来ていて、ここから家に帰る道のりを耐えられる自信が無かった。それくらい、電車に乗っている間気持ち悪くなってきており、まともな判断を下せる状態でも無かった感じだ。

吐きそう。吐きそう・・・。というのと、ちょっと我慢すると波が去って、「あ、だいじょうぶかも」と思う。

その繰り返しで取り合えず、目的地の駅に降り立った。とたんに、溢れ出る吐き気。吐きました。

牡蠣にあたったらノロウィルス を疑うべき「症状」一覧

学校着いたら何とかなる・・・。そう思ったのが間違いだった。その他症状がじわじわ迫ってた。

じわじわ熱が上がって来ていた。医務室で測ったら37.4度。まだまだ上がりそうな予感がしたので、早々帰った。帰り道のトイレで更に数回吐きながら・・・。

結果:高熱、嘔吐、下痢、吐き気、胃痛

私が経験したように、吐き気や微熱から症状が出だして、悪化する場合が多いみたいだ。

嘔吐

気持ち悪いなーと思い始めてから1時間ほどで嘔吐。その後、2時間後に2度続けて嘔吐。

その日はトイレにこもって、吐きそう吐きそうっうううっとなりなりながらも、実質はその3回しか嘔吐は無かった。微熱が出始めたと同時くらい、症状の出始めで激しかった嘔吐。

発熱

私の場合、微熱から39度の高熱になったが、微熱のままというのが一般的らしい。熱と嘔吐自体は1日で収まった。

が、他の症状は1週間たった今でも元気。わたし、いつまでも元気になれそうにない・・・・。

下痢

腸は痛くないけれど水のような下痢。2日たっていったん収まったのに、その2日後(食べてから1週間)で再度、水状態の酷い下痢。食べなくても下痢。トイレから離れられない。

おかげでこの1週間で随分やせ細ってしまった。

吐き気

食べて40時間くらいで一気にピークに達した吐き気。3回ほど時間をあまり空けずに吐いた後は、上からは出ず下からだけだったものの。

吐き気が治らない。ずっと気持ち悪い。牡蠣を食べて1週間と2日経った今も。座ってるのが辛くなる吐き気。横になっていると吐き気マシになる。

匂いの強い食べ物や添加物など、吐き気を増殖させる様子。

胃痛

おなかが空いても胃にモノが入ると痛くて食欲を無くす。胃に絆創膏を貼りたくなるような痛み。

高熱が出ているときは、胃痛に関しては気にならなかったけれど(何も3日間くらい食べられなかったし)、熱が下がって日常生活に復帰すると、常時はなれてくれないこの胃痛が結構キツイ。

胃痛と吐き気と連動しているのだが、胃痛がグルグルみぞおちのあたりで回っていて、たまに吐き気をこみ上げさせてきている気がする。

はぁ、牡蠣は注意して食べましょう。

 

症状はいつまでつづくのか 治療できるのか

牡蠣でノロウィルスに感染したら、いや、ノロウィルスじゃなくても牡蠣で食中毒になったら、治療はできない。

症状を和らげる対症療法しかない。下痢止め、吐き気止め。でも下痢も嘔吐も悪いものを出すための行為。ウィルス排出しないと症状も治らないので、薬は逆効果な場合もある。

なので、感染しないように注意するのが一番。生ガキを食べないのが一番。

なってしまったら、あまり無理をせず、ゆっくり休息をとって体が回復するのを待つしかない。

ウィルスは1週間から長い人だと1か月くらいかけて排出するらしい。通常はその前に症状が治まっている。通常は1日2日くらいとのこと。

ただ・・・・わたしは・・・・丸々1週間経った今でも、胃がムカムカ~、痛い~、水様の下痢~といった辛い症状が継続されてしまっている。どうやら、一ヶ月かけてウィルスを輩出するタイプみたいだ。

結局のところ、もともとの免疫力によって症状が酷いか軽いかというのも変わって来るようなので、私はそもそもの免疫力が弱いのだ。

はぁ、辛い。

 

Share

この記事を書いた人

Macaron

イタリア語・英語の通訳、翻訳などをしているトライリンガル。しかし仕事をしてるより放浪してる方が多い。